お雛様も飾って 婦人会常例法座(3月2日)

久しぶりの婦人会常例法座でした。というか、12月2日の婦人会報恩講そして2月2日の総会がコロナ感染症拡大の為中止となってしまい、11月2日以来4ヶ月ぶりの婦人会となりました。

久しぶりに合わせる顔は皆さん笑顔でした。皆さんの顔を拝見するとほっとします。これないでライブをご覧になっているかたも、きっとご一緒に手を合わせ、微笑んでくださっていると思います。

ご一緒に「らいはいのうた」をお勤めし、すぐにご法話をいただきました。この度はとてもご縁の深いお隣の南幌町妙華寺の副住職神埜卓哉師でした。5年前に結婚され、若員として奥様とともに一生懸命に法務やお寺のことをされ、御門徒さんと仲良く過ごされています。

是非一度と思っておりましたが、ご自身の体験を元にわかりやすくお話しいただきました。またのご縁をいただきたいと思います。

ご法話も終わり、ロビーに飾られている眞願寺什物の昭和初期雛人形に人が集まってきました。せっかくだから皆さんで一枚撮りましょう!ということで ハイポーズ!

またマスクをかけないで笑顔いっぱいで写真を撮れる日が来ればと願うばかりです。ご参詣、そしてご視聴ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください