コロナに負けない健康体操 7月婦人会常例法座で

7月2日の仏教婦人会常例法座では、「コロナに負けない健康体操と保健師さんの健康相談」と言うことで、講師に江別第一地域包括支援センターの保健師斉藤ひふみさんと平田怜衣菜さんに出向いただき、講演と体操、そして健康相談をしていただきました。

午後1時からのおつとめに続き、コロナに負けない「からだときずな」についてお話しいただきました。コロナ禍による「不安と心配」をどう乗り切っていくかのお話しやら、コロナ禍で人と人との「きずな」が希薄になりがちだが、ここの婦人会のように新しい生活様式をもちいながら集いや繋がりを、是非大事にしてほしいとお話しいただきました。

 

その後15分間ほどの健康体操では、江別市オリジナル介護予防体操『元気アップ体操』をDVDをかけながら行いました。とてもいいDVDなので、皆さんも手に入れてお家で試してみてください。詳しくは江別市健康福祉部介護保険課迄。

椅子に座ったままでの体操なので、無理なく身体を動かすことが出来たようです。それでも一生懸命にされた参加者は、「結構疲れました。とてもいい運動になりました。またお願いします。」と笑顔で答えてくださいました。

一度終了してからの健康相談では、血圧をはかっていただき、普段生活の中で不安なことや健康について相談をしていただきました。

ご協力いただきました江別第一地域包括支援センターの保健師斉藤ひふみさん、平田怜衣菜さん、お忙しい中本当にありがとうございました。当日の動画は右上のライブ配信動画よりご覧ください。