3月11日 午後2時46分 響け追悼の鐘

あの日から今年で11年 死者と行方不明者は1万8千人を超える 「関連死」を含めた死者と行方不明者は2万2200人 復興も道なかば 原発事故の処理は未だに先が見えない状態 汚染水もたまるばかり すべてが次世代へ受け継がれて […]

続きを読む… from 3月11日 午後2時46分 響け追悼の鐘

響け追悼の鐘 3.11 

あの日を忘れられない 今年で10年 死者と行方不明者は1万8425人 「関連死」を含めた死者と行方不明者は2万2200人になる 復興も道なかば 原発事故は次世代まで受け継がれる 豊かさだけを求めてきた私たち 私にも責任が […]

続きを読む… from 響け追悼の鐘 3.11 

春のお彼岸に震災七回忌法要

17日より4日間、今年も春のお彼岸が行われました。雪どけの進む境内には小春日和の中たくさんの方々が参拝していただきました。多くの方々がこの境内においでになり、仏縁を結ばれたこと、とてもありがたく思います。 初日の17日は […]

続きを読む… from 春のお彼岸に震災七回忌法要

東日本大震災七回忌・物故者追悼法要 10月3日

10月3日(月) 午後4時法要 本願寺札幌別院 本堂 ご縁ある方、どなたでも参拝できます。半年ほど早いご法要ですが、福島県相馬地区の御寺院住職坊守の方々がご出勤いただき、ご法要の後に現状のご報告や交流会もあります。是非ご […]

続きを読む… from 東日本大震災七回忌・物故者追悼法要 10月3日

樺太移住殉難者墓前法要が行われました。(6月20日)

6月20日午後2時 江別市営墓地やすらぎ苑  このご法要は、明治8年、千島樺太交換条約の締結によって、樺太に住まわれていた 108戸 841名の方々がこの対雁の地に移住を強いられました。その後この地方で1886年より18 […]

続きを読む… from 樺太移住殉難者墓前法要が行われました。(6月20日)

春の彼岸会を終えて①

雪の少ない境内に、春の日ざしが差し込み、お彼岸初日の18日にはクロッカスやチューリップの芽が出てきました。今年の雪どけは昨年より10日は早いようです。きっとお花も早く咲くことでしょう。これも気候変動の激しさや温暖化の影響 […]

続きを読む… from 春の彼岸会を終えて①

16日は御命日法座

親鸞聖人の御命日は1月16日ですが、その16日に合わせて浄土真宗の寺院では各法座が行われています。眞願寺でも毎月御命日法座として、有縁の皆様とご一緒に、ご法座を開かさせていただいています。2月も中旬になり、例年より暖かな […]

続きを読む… from 16日は御命日法座