秋初穂感謝法要~12月3日 地獄絵展示

 

DSCF1096

12月3日は秋初穂感謝法要が午後1時より行われ、多くの門信徒皆様とご一緒に、感謝の法要をお勤めさせていただきました。

DSCF1010_edited-1

普段、何気なく「いただきます」と申し上げ食事を頂いていますが、よくよくこの言葉の意味を考えますと「あなたのいのちをいただきます」と言うことだそうです。先ずは感謝申しDSCF1103上げてから、箸をつけましょうということだと思いますが、中々毎食毎食、毎日心から感謝させて頂いているかと問われると、「ハイ!」と答えられない私がここにいます。

DSCF1033すべての食物に感謝申し上げ、今ある私のいのちは、あなたのお陰でした。という心を思い返させて頂いたことです。

ご法話は、納内町円覚寺ご住職轡田光彰師にお取り次ぎ頂きました。二河白道から往生要集のお話になり、久しぶりに眞願寺宝物の地獄絵四幅を飾らさせて頂きました。親鸞聖人がおおせられた「いずれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし。」という御文をおひもとき頂き、わかりやすくお話しいただきました。

DSCF1092せっかくなので、年内展示させて頂こうと思います。是非ご覧下さい。

DSCF1100

今年も残すところひと月を切りました。一年をふり返り反省と感謝の中で、一日に一時でも手を合わせつつ、お念仏申させてい頂きたいと思います。16日は午後1時より御DSCF0688_edited-1命日法座がございます。稻垣法務員がお取り次ぎさせて頂く予定です。どうぞおそろいで参詣下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください