2月24日 北翔大学子ども食堂地域食堂しんがんじ

北海道では24日ドカ雪となり、眞願寺の近隣小学校では臨時休校となりました。近くの児童センターさんから15名の参加が予定されていましたが、残念ながら不参加の連絡がありました。交通傷害もありましたので、来られた方も予想より少なかったようです。

 今回は三密を避けて人数制限をするなどの対策を講じ、1時間ごとに3回に分けて行いました。少しでも子どもたちに楽しんでもらう為、「ジェスチャーゲーム」や「私は誰でしょう」など、お題の動物などをからだ全身で子どもにわかるように表現して当ててもらうなどのゲームがありました。
最後に「教えて住職さん」では、住職より3分間の子ども向けの話がありました。「お寺におばけはいるの?」「あなたはどんな色が好き?」「なんで親指だけちがうの?」など、大学生も「あ、そうだったんですね!初めて知りました」と納得していました。終始笑顔の中で話が終わると、住職よりご褒美に魔法の粉がかかったメダルをもらい、そのメダルでガチャポンを回して、お菓子がいっぱい入ったお土産の袋をもらって笑顔いっぱいになっていました。

 

 

 

また、全ての方にお弁当とお米・野菜・果物などが無料で配布され、たくさんのお土産を両手に持ってお帰りになりました。ご協力いただいた地域の皆さん、お弁当や野菜果物など協賛・提供していただいた皆さんに心より感謝申し上げます。次回は6月30日(水)です。

 

 

片付けも終わって、スタッフで記念に撮りました。皆さんお疲れ様です。北海道新聞にその日の模様が掲載されましたので、ご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください