秋季永代経(11月15日16日)

11月15日16日の二日間秋の永代経が勤まりました。16日は開闢法要を併修し、新たに永代経懇志を進納されたご縁の方を眞願寺永代経掛け軸に奉書し奉献させていただきました。

15日は観無量寿経、16日は無量寿経をお勤めし、開闢の施主ご家族に焼香いただきました。

 

 

 

法要後の住職挨拶で、専如ご門主様がお示しいただいた『浄土真宗のみ教え』を紹介し、日頃から拝読させていただきましょうと、お話ししました。

法要も終わり開闢の施主ご家族皆様には、別室にご案内し住職よりご懇志ご進納のお礼を申し上げ、記念品を贈呈しました。

ご法話は門信徒追悼会より引き続き茨城県増田廣樹師におひもときいただき「阿弥陀さまと共に生きる」と題して二日間、懇切丁寧にお話しいただきました。

三日間秋のご法要がなんとか修行できたこと、本当にありがたく過ごさせていただきました。直接お越しいただいた方を始め、ライブ配信などで参拝いただいた皆さんにも心より御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください