門信徒総会ご報告

1月23日午後1時より眞願寺本堂にて門信徒総会が開かれました。コロナ感染拡大にる蔓延防止措置が発令されましたので、役員総会として行われ新年会は中止となりました。

勤行の後、住職・安孫子責任役員より挨拶があり、平素より護持運営にご尽力いただいていることに感謝もうしあげました。

 

議長には総代の石垣氏が選任され、令和3年度事業報告決算・令和4年度事業計画予算が上程通り承認されました。報告事項の人事では長年監査役であった宮崎氏と高柳氏が、15年間地区世話人をお勤めいただいた高塚氏もそれぞれ退任され、住職より感謝状と記念品が贈呈されました。世話人では富田氏、中居氏、富田氏も退任されました。皆さんありがとうございました。

 

今年もスタンプラリーは中止され参拝の記録帳が配布されています。どうぞご利用ください。

 

 

新たに監査役には北喜氏と森好氏が、地区世話人には増子氏、宮崎氏、河野氏、高柳氏、河野氏らが就任されました。どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

また、昨年行われた境内建物等改修工事についても詳細について報告され、今後も改修が必要な箇所について総代会で議論し明年度以降に行っていくことが報告されました。総会の内容につきましては、寺報響51号などでお伝えいたします。

なお、仏教壮年会・仏教婦人会の総会は、蔓延防止措置発令によって文章審議となり、上程通り承認されました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください