坊守から・令和4年3月

 北京五輪は数々のドラマがありました。
 夕ご飯が終わって一息つく頃、テレビではカーリングの競技が始まっています。やはり日本女子代表チームロコ・ソラーレにクギ付けになりました。
詳しいルールは分かりませんし、試合が長いので途中居眠りしながらでも見てしまいます。
 試合途中「もぐもぐタイム」では皆さん注目しているのか、お菓子はいつも話題になり入手困難になるそうです。そしてなんと言っても、試合中の笑顔がすきです。成功失敗に関係なくメンバー同士がハイタッチや「ナイスー」「オッケー」など声を掛け合い、見ているこちら側も微笑んでしまいます。そんな姿に魅了されました。
 私はと言うと、最近ため息ばかりで暗い顔しているのでしょう。娘に「何のため息?!」と怒られています。癖になってしまったので気をつけなければなりません。笑顔大事ですね。テレビ中継を通してお目にかかったことのない方々に癒やされた冬でしたが、皆さんはどう過ごされましたか。
 想定外の大雪から少しずつ春のきざしがみえてきました。
春の法要は、笑顔でお会い出来ることを楽しみにしています。