雪解けの境内 芽吹く

 

 

ようやく春らしい日が続くようになりました。境内の雪山も徐々に低くなってきたようです。しかし記録的な積雪でしたので、4月中は雪が残るでしょう。

 

山門前付近も雪解けが進み、道路も広くなり、運転もしやすくなりました。しかし両脇の雪の壁は、しっかりと残っています。

境内の樹木も雪の重さで折れたり、手すりの破損したところも見えてきました。

 

 

 

とてもきれいに咲くエゾヤマザクラの枝も折れてしまいましたが、ぶら下がった状態でも芽吹いてきました。なんとか開花してくれればいいなと願っています。

 

スイセンやクロッカス、そしてチューリップが芽吹いてきました。なんかうれしい気持ちになりますね。

 

四季折々、いのちのいとなみを見せてくれます。私のいのちもこの世界でともに生かさせていただいていることに気づくことができます。今年も春を迎えさせていただきました。まもなくお釈迦様のはなまつりですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください