寺報『響36号』発行!。いよいよ報恩講準備始まる

01-1

9月8日、総代さん、壮年会・婦人会の役員皆様にお手伝いをいただき、寺報『響』36号を発送いたしました。今回は20名以上の皆さんにご協力いただき、作業も一時間ほどで終えることが出来ました。お手伝いいただいた皆さんありがとうございました。

DSC08672 DSC08671

36号の内容につきましては随時HPにもUPさせていただきますが、特集は「おんがく寺なれ眞願寺」です。今年は特に御堂コンサートを5回行い有縁の皆様と楽しい時を過ごさせていただきました。そんなお寺が今後も続き、多くの方々がおいでいただければと願いつつ、特集させていただきました。

DSC08684

発送作業が終わってから、合同準備委員会ということで、報恩講そしてお彼岸バザーなどについての打ち合わせをいたしました。28日からの報恩講までいよいよひと月弱となり、準備も本格的になってきました。出来うる準備を皆さんとさせていただき、年に一度の大切な報恩講をお迎えしたいと思います。

DSC08695

 

 

 

DSC08701 DSC087069月に入り境内も、徐々に秋の気配を感じるようになりました。

色づきつつあるナナカカマド、鐘楼堂の脇の萩の花や小菊も咲き始めました。ススキの穂ものびつつあります。どうぞお出かけ下さい。DSC08703DSC08714

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください